本文へスキップ

株式会社大阪ケミカル・マーケティング・センターはマーケットリサーチを専門とする1962年設立の実績ある会社です。

TEL. 06-4305-6570

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

フラッシュレポートFlash Reports

 Vol.3 No.314 サスティナブル容器包装材料の開発と展望   この書籍に移動 >>>

 

≪採用が広がる紙製・生分解性プラスチックストロー≫


【プラスチック代替素材による新製品開発】
 ストローはポリプロピレン(PP)の代替として生分解性プラスチック、紙、ステンレス、アルミ、ガラス、麦藁、竹、 木など、様々な材料が使用されるようになっている。中でも採用が進んでいるのが紙製と生分解プラスチック製の ストローである。スターバックス コーヒー ジャパンは紙製ストローを採用しており、すかいらーくホールディングは ガストの全1,367店でポリ乳酸製の生分解性ストローを採用している。セブン−イレブン・ジャパンはセブンカフェ用の ストローを、約1万店についてカネカのPHBHによる生分解性ストローに切替え、残りの1.1万店についてはFSC認証を取得 した紙製ストローに切替えている。京急グループは各社が運営する飲食店、百貨店、ストア業、ホテル、レジャー施設 などで使用している年間約16万本のストローを、三菱ケミカルのBioPBSによる生分解性ストローに切替えている。
 YKKグループのカフェ・ボンフィーノは年間約1万本のストローをポリ乳酸による生分解性ストローに切替えている。 フレッシュネスバーガーは全店舗で生分解性ストローを導入しており、スムージーやタピオカドリンクについては紙製 ストローを採用している。ワシントンホテルはホテル内の飲食店、宴会場や、ゴルフ場レストランなどで年間12万本の ストローを使用しているが、その全てを三菱ケミカルのBioPBSによる生分解性ストローに切替えている。イオンモール は142モールにおいてモール内の飲食店などで提供しているストローを紙製などの環境配慮型ストローに切替えている。 ネスレ日本は21年1月に栄養補助飲料12品目(アイソカル100)について、商品に付属しているストローをプラスチック製 から紙製に変更しており、これにより年間約5.5トンのプラスチックが削減されるとしている。

バナースペース

株式会社大阪ケミカル・
   マーケティング・センター

〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

TEL 06-4305-6570(代表)
FAX 06-6774-6828