本文へスキップ

株式会社大阪ケミカル・マーケティング・センターはマーケットリサーチを専門とする1962年設立の実績ある会社です。

TEL. 06-4305-6570

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

フラッシュレポートFlash Reports

 Vol.3 No.312 自動車内装材の新トレンドとマーケット   この書籍に移動 >>>

 

≪急増する車輌用塩ビレザー≫


【車輌用塩ビレザーの生産推移】
 下図に車輛用の生産推移を示す。生産量は日本ビニル工業会の調べによるもので、原反の輸出は含まれず、 総てが国内向けである。総生産量は09年に1,684万m2へ激減し、10年に2,072万m2 へ増加したが、11〜12年は1,900万m2台にとどまった。しかし13年は2,039万m2と 2,000万m2をクリアし、その後も増加して18年は2,691万m2、19年は2,771万m2 となった。また、塩ビ工業・環境協会の調べでは、レザー用塩ビ樹脂の国内向け出荷量は17年11,844トン、 18年12,863トン、19年14,055トンとなっている。  塩ビレザーは車輌、家具、鞄・袋物、履物、衣料など多様な用途に使用されているが、車輌が主力用途である。 車輌用の比率は60%前後であったが、15年以降は70%前後へ上昇し、18年は74%となっている。車輌用の生産量は 07〜08年の1,600万m2台が、09年は世界同時不況により920万m2へ激減した。東日本大震災 のあった11年も減少したが、13年から大きく増加し、13年8.9%、14年17.4%、15年17.0%という高い伸び率で推移した。 16〜17年は3.0%以下の低い伸び率にとどまったが、18年は1,979万m2で10.7%の伸び率であった。


バナースペース

株式会社大阪ケミカル・
   マーケティング・センター

〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

TEL 06-4305-6570(代表)
FAX 06-6774-6828