本文へスキップ

株式会社大阪ケミカル・マーケティング・センターはマーケットリサーチを専門とする1962年設立の実績ある会社です。

TEL. 06-4305-6570

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

 Vol.3 No.304 高精度フィルターの製品と市場展開

 2018年9月刊行 定価:79,500円+税 B5判 160ページ     
    サンプルページをご要望の方はこちらから
    購読申し込みの方はこちらから

<刊行のねらい> 高純度、高精度へ向かう濾過技術

  1. フィルターは用途が多種多様で、多彩な製品が展開されているが、時代の流れとともに開発の対象や 成長分野が変わり、その変化はとどまることがない。今はリチウムイオン二次電池(LiB)と半導体の 生産が好調であるため、これらの製造に用いられるフィルターが増えている。また、濾過対象物の 微細化に伴ってナノファイバーの応用開発が活発化し、エレクトロスピニング、メルトブロー、 セルロースナノファイバーなどの採用が広がりつつある。
  2. 現在のフィルターは至る所で高精度化や高機能化が求められている。LiBや半導体の製造では電極スラリー、 CMPスラリーの高度な分級が要求され、食品工場、医療施設、医薬品工場ではダストの捕集だけでなく、 抗菌、防カビ、防虫、脱臭などの機能が求められている。クリーンルームの微細粒子、ケミカル汚染物や、 半導体製造の高純度ガス、超純水、洗浄薬液、レジストなど、濾過対象物は複雑で多様化しているが、 いずれの分野でもニーズはさらなる高純度化である。
  3. 当センターはフィルターを重点テーマとしてこれまでに多くのレポートを刊行し、いずれも好評を得てきた。 今回のレポートはクリーンルーム用、自動車用、半導体製造用、LiB製造用などに焦点を当て、それぞれの 製品開発、マーケットを精査し、その最新動向をまとめたものである。

<目  次>                         見本ページ

1. フィルターの最新動向とマーケット
 1-1 フィルターの開発要素
 1-2 フィルターの使用目的と用途
 1-3 フィルターの高機能化と新製品開発
  1-3-1 濾材用繊維の極細化とフィルター機能
  1-3-2 ナノファイバーの製法とメーカー
   (1) ナノファイバーの種類と製法
    ①エレクトロスピニング  ②メルトブロー
    ③セルロースナノファイバー
    ④海島型複合繊維  ⑤その他
   (2) ナノファイバーのメーカーと展開状況
  1-3-3 ナノファイバー濾材とフィルター商品
   (1) ナノファイバー濾材の開発と特性
   (2) フィルター・濾材メーカーの商品展開
    ①興研  ②日本無機  ③ロキテクノ
    ④旭化成  ⑤日本ドナルドソン  ⑥帝人
    ⑦阿波製紙  ⑧三菱製紙  ⑨その他
  1-3-4 ナノファイバー濾材の市場展望
 1-4 各種フィルターの市場規模と動向
    ①エアフィルター  ②バグフィルター
    ③液体カートリッジフィルター
    ④自動車エンジン用フィルター
    ⑤高分子膜モジュール  ⑥その他
2. 自動車用フィルター
 2-1 自動車用フィルターの現状と展望
  2-1-1 自動車用フィルターの開発とニーズ
  2-1-2 自動車用フィルターの種類と使用目的
 2-2 エンジン用フィルター
  2-2-1 エンジン用フィルターの基本特性
  2-2-2 エアクリーナ
   (1) エアクリーナの要求特性とエレメント形状
   (2) エアクリーナ用濾材の構造と特性
    ①濾紙(ドライ、ウェット)  ②不織布
   (3) ナノファイバー不織布の応用
   (4) プレフィルター用不織布
  2-2-3 オイルフィルター
   (1) オイルフィルターの要求特性とエレメント形状
   (2) エンジンオイルの濾過方式とフィルターの構造
    ①フルフロー  ②コンビネーション
    ③フルフロー/バイパス併用式
   (3) オイルフィルターの濾材構造と特性
  2-2-4 燃料フィルター
   (1) フィルターの濾材構造
   (2) 燃料フィルターの開発動向
 2-3 エンジン用フィルターの生産・需要動向
  2-3-1 自動車の生産動向
  2-3-2 各種フィルターの生産・出荷額
   (1) 各種フィルターの生産量、出荷額推移
   (2) 各種フィルターの出荷先別出荷額
    ①エアクリーナ   ②エアクリーナエレメント
    ③燃料フィルター  ④オイルフィルター
  2-3-3 各種フィルターの生産量と市場
    ①新車用  ②補修用
  2-3-4 エンジン用フィルターのメーカー動向
   (1) フィルター各社の生産量と事業展開
    ①トヨタ紡織  ②東京濾器  ③ROKI
    ④マーレフィルターシステムズ  ⑤京三電機
    ⑥和興フィルタテクノロジー  ⑦日本濾過器
    ⑧日本ドナルドソン  ⑨タイガースポリマー、他
   (2) 各フィルターの濾材需要量(濾紙、不織布)
   (3) 濾材メーカーの販売量
    ①阿波製紙  ②安積濾紙  ③東洋濾紙
    ④呉羽テック  ⑤日本バイリーン  ⑥ダイニック
 2-4 車室内空気清浄用フィルター
  2-4-1 車室内の空気汚染
  2-4-2 フィルターの機能と濾材
  2-4-3 空気清浄用フィルターの需要量と市場規模
  2-4-4 濾材の需要量と濾材・フィルターメーカー
 2-5 自動車塗装ブース用フィルター
  2-5-1 塗装ブースの構造とフィルター
   (1) 塗装工場の関連法規制
   (2) 塗装ブースのフィルター適用部位
    ①給気系(一次、二次)  ②排気系(一次、二次)
  2-5-2 フィルターの種類と機能
    ①粗塵・中性能  ②密度勾配  ③粘着式
    ④難燃性  ⑤耐熱性  ⑥その他
  2-5-3 フィルターの製品展開
    ①日本バイリーン  ②金井重要工業
    ③倉敷繊維加工   ④その他
  2-5-4 フィルターの需要規模と市場展望
3. 半導体製造用フィルター
 3-1 半導体の生産動向
  3-1-1 世界の半導体市場動向
   (1) 半導体の市場規模と予測
    ①地域別市場規模の推移、シェア
    ②世界の半導体メーカー、ファウンドリ
   (2) シリコンウエハの出荷量
    ①出荷面積  ②販売額  ③ウエハメーカー
  3-1-2 日本の半導体生産量と市場
   (1) 半導体の生産量、生産額
   (2) シリコンウエハの生産量と単価推移
 3-2 フォトレジスト用フィルター
  3-2-1 フォトリソグラフィの工程
  3-2-2 パターンの欠陥(ディフェクト)とフィルター
   (1) ディフェクトの原因物質
   (2) レジスト用メンブレンフィルターとメーカー
    ①疎水性PTFE膜  ②HDPE膜 
    ③ナイロン66膜  ④その他
  3-2-3 半導体の微細化とフィルター開発
 3-3 CMPスラリー用フィルター
  3-3-1 超精密研磨の用途とスラリー
   (1) ポリシング、CMPの研磨機構と用途
   (2) CMPの研磨方式
   (3) 砥粒の種類とスラリー
  3-3-2 フィルターの使用目的
  3-3-3 CMPスラリーのフィルトレーション
   (1) スラリー供給フローとフィルター適用部位
   (2) フィルターの要求特性
   (3) スラリー用フィルターの種類とメーカー
    ①デプスフィルター  ②ゲルトラップフィルター、他
  3-3-4 使用済スラリーの回収・再利用
 3-4 化学薬品用フィルター
  3-4-1 半導体製造の洗浄薬液と濾過
    ①APM  ②HPM  ③SPM  ④その他
  3-4-2 フィルターの要求特性
  3-4-3 薬液濾過用フィルターの種類とメーカー
    ①PTFE膜  ②ナイロン66膜  ③PASF膜、他
 3-5 高純度ガス用フィルター
  3-5-1 半導体用高純度ガスの種類と用途
  3-5-2 ガス用フィルターの種類と特性
    ①メタルフィルター(ステンレス、ニッケル)
    ②PTFE膜フィルター  ③セラミックフィルター
  3-5-3 フィルターメーカーの展開状況
    ①ピュアロンジャパン ②日本ポール ③日本精線
 3-6 超純水製造用フィルター
  3-6-1 半導体用超純水の製造システムと水質
   (1) 超純水の使用工程
   (2) 半導体集積度の向上と要求水質
  3-6-2 超純水製造フローとフィルターの適用部位、種類
    ①前処理  ②一次純水  ③二次純水  ④回収フロー
4. リチウムイオン二次電池(LiB)製造用フィルター
 4-1 急増するリチウムイオン二次電池の生産量
    ①車載用LiB  ②民生用LiB
 4-2 電極スラリー用フィルター
  4-2-1 電極スラリーの塗布と課題
   (1) 電極の各種材料とスラリー塗布
    ①LiBの構成材料と電極板
    ②電極スラリーの材料とバインダー
   (2) 電池の高性能化と塗布、濾過の課題
    ①塗工欠陥  ②高固形分濃度  ③高粘度
  4-2-2 電極スラリー用フィルターの展開状況
   (1) スラリーの粘度と濾過圧力
   (2) スラリー用フィルターの商品展開
    ①ロキテクノ  ②JNCフィルター  ③その他
 4-3 溶剤回収用フィルター
  4-3-1 リチウムイオン二次電池の製造用溶剤
    ①電極(NMP)  ②電解液(炭酸ジエチル)
    ③セパレータ(塩化メチレン)  ④その他
  4-3-2 溶剤の除去技術とフィルター
   (1) 溶剤の回収処理法
   (2) 溶剤の吸着剤とフィルターエレメント
   (3) ハニカムフィルターによる吸脱着システム
    ①東洋紡  ②ニチアス  ③その他
 4-4 LiBの製造用フィルター(ロキテクノ)
5. クリーンルーム用フィルター
 5-1 クリーンルームの清浄度とフィルター
  5-1-1 クリーンルームの用途と清浄度
    ①ICR(インダストリー)  ②BCR(バイオ)
  5-1-2 クリーンルームの気流方式
 5-2 クリーンルーム用フィルターのマーケット
  5-2-1 空調方式の変化とフィルターの需要動向
  5-2-2 クリーンルームの空調システムとフィルター
   (1) 外気取入れ用フィルター
    ①粗塵  ②中性能  ③HEPA  ④ケミカル
   (2) 循環用フィルター
    ①HEPA/ULPA  ②ケミカル
  5-2-3 HEPA/ULPAフィルターの種類と性能
   (1) HEPA/ULPAフィルターの性能
   (2) HEPA/ULPAフィルターの構造と濾材
   (3) 半導体製造、FPD製造の清浄度とフィルター
  5-2-4 HEPA/ULPAフィルターの需要動向
   (1) HEPA/ULPAフィルターの用途と市場
   (2) HEPA/ULPAフィルターの需要量と市場規模
    ①クリーンルーム用フィルターの需要量と市場規模
    ②HEPA/ULPAフィルターの需要量
     1)ICR用  2)BCR用  3)新設・取替需要
  5-2-5 HEPA/ULPAフィルターのメーカー動向
   (1) フィルター各社の販売量とシェア
    ①日本無機  ②近藤工業  ③ニッタ  ④エース
    ⑤忍足研究所  ⑥進和テック  ⑦日本エアーテック
    ⑧パナソニックエコシステムズ  ⑨その他
   (2) 濾材メーカーの販売量
    ①北越コーポレーション  ②輸入品  ③その他
 5-3 ケミカルフィルター
  5-3-1 ケミカル汚染とケミカルフィルター
   (1) クリーンルームのケミカル汚染と対策
   (2) ケミカルフィルターの商品展開
 メーカー、商品名、対象ガス、吸着剤、
 担体、フィルターの構成、その他
  5-3-2 ケミカルフィルターの開発動向
   (1) ケミカルフィルターの要求特性
   (2) ケミカルフィルターの濾材と構造
   (3) ケミカルフィルターの設置場所
    ①外気系  ②循環系  ③局所吸気系  ④製造装置
  5-3-3 フィルターメーカーの展開状況
    ①日本ピュアテック  ②近藤工業  ③進和テック
    ④日本無機  ⑤日本バイリーン  ⑥忍足研究所
    ⑦ダン・タクマ  ⑧ニチアス  ⑨アクシー
    ⑩イー・シー・イー  ⑪ニッタ  ⑫東洋紡
  5-3-4 ケミカルフィルターの市場動向
   (1) ケミカルフィルターの需要量と市場規模
   (2) 一般用ケミカルフィルターの用途展開
 5-4 高清浄・衛生環境フィルター
  5-4-1 バイオクリーンルームの機能性フィルター
  5-4-2 食品工場用フィルター
   (1) HACCP工場の汚染防止区域と清浄度
    ①清潔作業  ②準清潔作業  ③汚染作業
   (2) 各種食品工場の工程と清浄度クラス
   (3) 食品工場の機能性フィルター
    ①抗菌防臭  ②制菌(一般、特定)
    ③防カビ  ④防虫  ⑤その他
  5-4-3 医療施設用フィルター
   (1) 病院の空調管理指針(ガイドラインHEAS)
    ①区域別清浄度クラス  ②室内圧(陽圧、陰圧)
    ③最終フィルターの効率  ④その他
   (2) 各室の空調システムと適用フィルター
  5-4-4 医薬品工場用フィルター
   (1) 医薬品製造のGMP基準と清浄度クラス
    ①経口製剤製造施設  ②無菌製剤製造施設
   (2) 空調システムとフィルターの種類
  5-4-5 機能性フィルターのメーカーと展開状況
    ①日本無機  ②進和テック  ③ニッタ
    ④近藤工業  ⑤忍足研究所  ⑥アクシー
    ⑦日本バイリーン ⑧その他

    
    サンプルページをご要望の方はこちらから
    購読申し込みの方はこちらから

バナースペース

株式会社大阪ケミカル・
   マーケティング・センター

〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

TEL 06-4305-6570(代表)
FAX 06-6774-6828