本文へスキップ

株式会社大阪ケミカル・マーケティング・センターはマーケットリサーチを専門とする1962年設立の実績ある会社です。

TEL. 06-4305-6570

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

 Vol.3 No.297 自動車用コンポジット材料の成長と展望

 2017年8月刊行 定価:69,500円+税 B5判 170ページ     
    サンプルページをご要望の方はこちらから
    購読申し込みの方はこちらから

<刊行のねらい> 車体軽量化で増える樹脂コンポジット

  1. 自動車の環境規制が強化されるなか、欧州の21年規制をクリアするためには740kg程度の車輌重量が必要とされ、これを実現するには現在の平均的車輌を約30%軽量化しなければならない。そのためには車体骨格を含めた大胆な材料転換が必要で、高張力鋼板、アルミ合金、炭素繊維(CFRP)などを積極的に取り入れなければならない。また、電気自動車、プラグインハイブリッド車などのエコカーも、航続距離の延長や運動性能向上のためには大幅な軽量化が必要である。
  2. 樹脂のコンポジットは、高張力鋼板やアルミ合金より比重が小さいため、軽量効果が大きい。強化材と樹脂の組合わせによって、構造材から小型部品に至るまで幅広く適用でき、中でも射出成形用のチョップドコンパウンドは中・小型部品を樹脂化する材料として採用が活発化している。強化繊維には主として炭素繊維、ガラス繊維が使用されているが、ガラス繊維は軽量効果では炭素繊維に劣るものの、コストパフォーマンスに優れており、実用性が高い。また、天然繊維、セルロースナノファイバーなどの応用開発も進んでおり、今後は多様な材料が出揃うであろう。
  3. 自動車の軽量化は技術、市場ともに多様化しているが、本レポートは拡大しているコンポジットを中心に軽量化材料を精査し、その最新動向を整理、編纂したものである。

<目  次>                         見本ページ

第1部 自動車のマーケットと車体軽量化
1.世界の自動車市場と軽量化ニーズ
 1−1 自動車の生産・需要状況
  1−1−1 わが国の自動車生産・販売動向
   (1) 自動車の生産推移
    @車種別生産量  Aメーカー別生産量  Bその他
   (2) 自動車の販売動向
    @車種別販売量  A各種RVの販売量  Bその他
  1−1−2 世界の自動車生産・販売動向
   (1) 各国の自動車生産量と推移
   (2) 国別の販売量とメーカーの競合
   (3) 国・地域別のシェアとメーカー販売量
    @米国  A欧州  B中国  Cその他
 1−2 次世代自動車の需要動向
  1−2−1 国内の各種EV生産・販売量
   (1) ハイブリッド車の生産量と推移
   (2) 各種EV・PHEVの販売量と市場動向
  1−2−2 世界の各種EV需要量と市場展望
   (1) EV、PHEVの車種別販売量
    @モデルS・X  Aリーフ  Bi3  CZoe
    DQin  EアウトランダーPHEV FVolt Gその他
   (2) 各国のEV・PHEV販売量
   (3) 自動車各社のEV・PHEV販売量
    @BYD社  ATesla社  BBMW社  C日産
    DBACI社  EVW社 F三菱 自工  Gその他
 1−3 自動車の環境規制と軽量化ニーズ
  1−3−1 各国の燃費規制・CO2排出規制強化
   (1) 主要各国の燃費・排出ガス規制強化
    @日本  A米国  BEU  C中国  D韓国
    Eサウジアラビア Fインド  Gその他
   (2) 改正ZEV規制とハイブリッド車
  1−3−2 自動車の環境対策と開発動向
    @新エネルギー(EV化)  A軽量化  Bその他
  1−3−3 軽量化のニーズと目的
   (1) 内燃機関車の燃費性能向上
   (2) ハイブリッド車の重量増加抑制
   (3) EV、PHEVの航続距離延長
  1−3−4 車体軽量化による競争力の向上
2.自動車軽量化材料の最新動向
 2−1 自動車構造材の軽量化と材料
  2−1−1 高張力鋼板(ハイテン)の採用拡大
  2−1−2 アルミ合金の増加
   @F−150(フォード社)  A5シリーズ(BMW社)
   BE-クラス(ダイムラー社)  CNSX(本田)  Dその他
  2−1−3 炭素繊維複合材料(CFRP)の成長
 2−2 マルチマテリアル化と異種材料接合技術
  2−2−1 マルチマテリアル化の材料と接合
  2−2−2 金属/樹脂の接合技術
   (1) 金属/樹脂接合の課題
    @硬化温度  A熱変形  B電食  Cその他
   (2) 金属/樹脂接合方式の種類と特徴
   (3) 金属/樹脂接合の技術開発
    @レーザー接合(熱可塑性エラストマー溶着)
    A接合フィルム  Bその他
 2−3 自動車用プラスチック部品の新動向
  2−3−1 バイオ系PC樹脂の無塗装部品(三菱ケミカル)
   (1) バイオ系PC樹脂の特性と部品の塗装レス化
   (2) 無塗装部品の採用状況
    @スズキ(ハスラー、アルトラパン)
    Aマツダ(ロードスター、CX−9)  Bその他
   (3) バイオ系PC樹脂の量産化と事業展開
  2−3−2 エンジン部品の樹脂化と開発動向
   (1) エンジン部品の樹脂化とコスト
   (2) 樹脂製シリンダーブロックの開発と材料
   (3) 各種エンジ部品の樹脂化プロジェクト
 2−4 自動車用複合材料の最新動向
  2−4−1 強化繊維の多様化と競合
    @ガラス繊維  A炭素繊維  B天然繊維
    Cセルロースナノファイバー  Dその他
  2−4−2 繊維/樹脂混練同時成形の拡大(D−LFT)
第2部 自動車用コンポジット・樹脂のマーケット動向
3.ガラス繊維複合材料(GFRP)
 3−1 GFRPの市場動向
  3−1−1 国内のGFRP市場
   (1) FRPの用途別出荷量と成形シェア
    @建設資材  A住宅機器  B自動車・車輌
    Cタンク・容器  D船艇・船舶  E工業機材
    FSMC  GBMC  Hハンドレイアップ
    IFW  Jスプレーアップ
    K引抜成形  Lその他
   (2) FRP用不飽和ポリエステル樹脂の市場動向
    @生産量  A販売量  B販売額
    C単価  Dその他
   (3) FRP用ガラス繊維の市場動向(生産・輸入量)
    @ロービング  Aチョップドストランド  B糸
    Cマット  D布  Eその他
  3−1−2 欧州のGFRP生産量
 3−2 自動車用GFRPの最新動向
  3−2−1 見直されるGFRPのコスト競争力
  3−2−2 GFRP用ガラス繊維のメーカーと競合
    @日本電気硝子  A日東紡績  Bセントラル硝子
    Cオーエンスコーニングジャパン  D巨石集団、他
  3−2−3 自動車用GFRPのグローバル事業戦略
   (1) 日本電気硝子によるPPG社のGF事業買収(欧州、米国)
   (2) 帝人によるCSP社買収(米国)
  3−2−4 自動車用GFRPの需要動向
    @熱硬化性GFRP  A熱可塑性GFRP
 3−3 自動車用GFRPの技術開発と製品展開
  3−3−1 ガラス長繊維強化熱可塑性樹脂(LFT)
   (1) LFTの材料構成と長繊維化の特性
   (2) ガラス長繊維強化PPの特性
   (3) LFTの成形法と特性
   (4) LFTと自動車部品
   (5) LFTの生産能力とメーカー展開状況
    @日本ポリプロ  Aプライムポリマー  BDIC
    Cダイセルポリマー  D中央化成品  E住友化学
    F三菱エンジニアリングプラスチックス  Gその他
  3−3−2 ダイレクト・インラインLFT(D−LFT)
  3−3−3 スタンパブルシート(GMT)
   (1) スタンパブルシートの種類と成形
    @ラミネート法  A抄紙法  Bその他
   (2) シートメーカーの展開状況
    @ケープラシート  AQPCジャパン  Bその他
  3−3−4 シートモールディングコンパウンド(SMC)
   (1) SMCのシート製造法と特性
   (2) SMCのマーケットと自動車用
    @ジャパンコンポジット  Aその他
  3−3−5 バルクモールディングコンパウンド(BMC)
    @昭和電工(日本、タイ、中国)  Aその他
  3−3−6 混繊糸織物のプレス成形
    @連続ガラス繊維  APA66繊維
4.炭素繊維複合材料(CFRP)
 4−1 PAN系炭素繊維のマーケット動向
  4−1−1 世界の炭素繊維メーカーと生産能力
    @レギュラートウ  Aラージトウ
  4−1−2 PAN系炭素繊維の用途別需要動向
   (1) 日本の炭素繊維生産動向
   (2) 世界の炭素繊維需要動向
    @航空宇宙用  Aスポーツ用  B一般産業用
  4−1−3 自動車用炭素繊維の需要量と市場動向
 4−2 自動車用CFRPの展開状況
  4−2−1 CFRPによる軽量化とLCA評価
  4−2−2 CFRPの成形部品と自動車開発
   (1) CFRP構造材の開発と搭載車
   (2) i3(BMW社)のCFRPモノコックボディ
   (3) BMW7シリーズのマルチマテリアル構造
   (4) レクサス各車のCFRP部品
    @LFA  ARCF  BLC500  Cその他
   (5) プリウスPHVのバックドア
   (6) NSXのスペースフレーム構造
   (7) 燃料電池車のCFRP部品
    @高圧水素タンク  Aスタックフレーム、他
  4−2−3 自動車用CFRPのサプライチェーンと競合
    @BMW社  ASGLグループ  B三菱ケミカル
    Cダイムラー社  DACE社  EEACC社  F東レ
    GGM社  H帝人  I東邦テナックス  Jフォード社
    Kダウ・アクサ社  Lダウ・ケミカル社  Mその他
 4−3 CFRPの成形技術と自動車部品
  4−3−1 各種成形法の特性
    @射出成形  Aプレス成形  Bスプレーアップ法
    CRTM  DFW  Eオーブン成形  Fオートクレーブ
  4−3−2 熱硬化性CFRPの成形法と中間材料
   (1) ハイサイクルRTM成形
   (2) VaRTM成形
   (3) 高速複合プレス成形(PCM)
   (4) 炭素繊維SMC(C-SMC)
    @C−SMCの成形と特性  AC−SMCのメーカー動向
  4−3−3 熱可塑性CFRPの成形法と中間材料
   (1) 熱可塑性プリプレグのホットスタンピング成形
    @ヒート&クール成形システム
    Aセミプレグの成形システム
   (2) 長繊維ペレットとダイレクト・インライン成形
   (3) 炭素繊維スタンパブルシートのプレス成形
   (4) プレス/射出ハイブリッド成形
 4−4 自動車用CFRPの市場展望
  4−4−1 CFRPの成形サイクルと自動車生産規模
  4−3−2 自動車用炭素繊維の需要展望
5.天然繊維系複合材料
 5−1 セルロースナノファイバー(CNF)強化複合材料
  5−1−1CNFの繊維特性と解繊技術
   (1) セルロースフィブリルの構造とナノファイバー
   (2) セルロースナノファイバーの解繊技術
  5−1−2 セルロースナノファイバーの事業化動向
    @日本製紙  A大王製紙  B中越パルプ工業
    C星光PMC  Dスギノマシン  Eモリマシナリー
    F王子ホールディングス  G第一工業製薬  Hその他
  5−1−3 CNF複合材料の開発状況
   (1) CNFの強度、弾性率
   (2) CNFの化学変性と複合材料の特性
   (3) 京都プロセスの開発
  5−1−4 自動車軽量化とCNFの需要予測
  5−1−5 CNFの価格と複合材料の課題
 5−2 植物繊維強化複合材料
  5−2−1 植物繊維複合材料の特徴
    @軽量性  Aカーボンニュートラル  Bその他
  5−2−2 強化用植物繊維の種類と物性
    @麻  Aケナフ  B竹  Cバナナ
    D綿  Eその他
  5−2−3 植物繊維複合材料の種類と成形法
  5−2−4 植物繊維複合材料の自動車用展開状況
   (1) 欧州の自動車用部品展開状況
   (2) 杉繊維/熱可塑性樹脂(トヨタ車体)
   (3) バガス繊維コンポジット(内浜化成)
   (4) コットン強化PP(倉敷紡績)
   (5) ケナフ繊維強化PP(トヨタ紡織)
  5−2−5 植物繊維複合材料の課題と市場展望
6.自動車用プラスチックの需要動向
 6−1 自動車のプラスチック市場と現状
  6−1−1 自動車1台当たりの樹脂使用量
    @欧州  A北米  B日本  C中国  Dその他
  6−1−2 樹脂別の需要量と動向
 6−2 各種樹脂の自動車用展開状況と樹脂メーカー
  6−2−1 ポリプロピレン(PPコンパウンド)
   (1) PPの生産・販売量と用途別需要量
   (2) PPメーカーの国内生産体制
   (3) PPの種類と自動車部品
   (4) 世界の自動車用PPコンパウンド需要量
   (5) PPコンパウンドのグローバル事業戦略
    @三井化学  A日本ポリプロ  B住友化学、他
  6−2−2 ポリエチレン
  6−2−3 ABS樹脂
  6−2−4 ポリアミド
  6−2−5 ポリカーボネート
  6−2−6 ポリアセタール
  6−2−7 ポリブチレンテレフタレート
  6−2−8 ポリフェニレンサルファイド
  6−2−9 変性ポリフェニレンエーテル
  6−2−10 熱可塑性エラストマー

    
    サンプルページをご要望の方はこちらから
    購読申し込みの方はこちらから


バナースペース

株式会社大阪ケミカル・
   マーケティング・センター

〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

TEL 06-4305-6570(代表)
FAX 06-6774-6828