本文へスキップ

株式会社大阪ケミカル・マーケティング・センターはマーケットリサーチを専門とする1962年設立の実績ある会社です。

TEL. 06-4305-6570

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

 Vol.3 No.292 バイオマス繊維・樹脂の高機能化と市場

 2016年8月刊行 定価:73,000円+税 B5判 160ページ     
    サンプルページをご要望の方はこちらから
    購読申し込みの方はこちらから

<刊行のねらい> 高まるバイオマスの潜在能力

  1. いま、至るところで新しいバイオマス製品の需要が立ち上がっている。発色性や表面硬度に優れる三菱化学のデュラビオ(イソソルバイドPC)は自動車部品での採用が相次いでおり、三菱鉛筆はボールペンのインクにセルロースナノファイバー(CNF)を使用して安定した筆記描線を実現した。生体適合性に優れるキチンナノファイバーは、肌に保湿膜を形成する化粧品に採用された。これらは、いずれも素材の特性を最大限に活かしたもので、コストの高さは素材の持つ機能によって許容され、実用化に結びついたものである。
  2. バイオ樹脂は環境に優しいというコンセプトのみでは需要が拡大しなくなっており、石油系樹脂にはない機能、特性を発揮させることが必要である。デュラビオは顔料を添加するだけで成形品の塗装が不要となり、ガスバリア性のバイオPEFはボトル用PET樹脂の代替として期待されている。繊維分野では高強度・高弾性率のCNF、キチンナノファイバーのほか、アラミド繊維より圧倒的に高いタフネスを持つ合成クモの糸が注目の的になっている。これらは遺伝子組換え、増殖、解繊などのバイオ技術が生み出した新しい素材である。
  3. 石油系繊維・樹脂の高機能化が難しくなりつつある現在、次世代の材料としてバイオマスの重要性が増している。本レポートはバイオマス繊維・樹脂のマーケット、企業動向、製品開発を精査し、それらの最新動向を編纂したものである。

<目  次>                         見本ページ

第1部 植物・微生物による高機能材料の拡大
1. 化石資源とバイオリファイナリー
 1−1 石油の課題と原料転換
 1−2 バイオマス資源の変化と微細藻類
  1−2−1 微細藻類の特性
    @可食資源(第1世代)  A非可食資源(第2世代)
    B微細藻類(第3世代)  Cその他
  1−2−2 微細藻類の培養と応用
    @グリーンバイオ  Aレッドバイオ
    Bホワイトバイオ  Cその他
2. 高機能バイオベース材料の開発と展望
 2−1 植物、微生物と材料・製品開発の方向性
  2−1−1 バイオマス原料の材料開発(バイオマテリアル)
  2−1−2 生物模倣による機能開発(バイオミメティクス)
 2−2 植物・微生物由来の高機能繊維
  2−2−1 バイオマス原料の新繊維と機能
    @セルロースナノファイバー  A合成クモの糸
    Bキチンナノファイバー  Cバクテリアセルロース
    Dエレクトロスピニング繊維(天然高分子)
  2−2−2 高機能新繊維のマーケットと展望
 2−3 植物由来の高機能プラスチック
  2−3−1 バイオマス原料の耐熱・ハイバリア樹脂
  2−3−2 新規高機能樹脂のマーケットと展望
第2部 バイオマス高機能繊維の開発と展望
3. セルロースナノファイバー(CNF)
 3−1 ナノファイバーの分類と種類
  3−1−1 ナノファイバーの定義
  3−1−2 ナノファイバーの分類と種類
  3−1−3 バイオマス資源とナノファイバー
 3−2 セルロースナノファイバーの開発と特性
  3−2−1 植物細胞壁の階層構造
  3−2−2 セルロースナノファイバーの作製法
   (1) セルロースナノファイバーの解繊方法
    @成分分離技術(前処理)  A物理的解繊法
    B化学的解繊法  Cその他
   (2) TEMPO触媒酸化によるナノ分散技術
  3−2−3 セルロースナノファイバーの特性
    @強度・弾性率  A線膨張係数  B光透過性
    Cその他
 3−3 セルロースナノファイバーの企業化状況
  3−3−1 世界のセルロースナノファイバー開発動向
    @Kruger社  ACelluForce社  BFPI  CFPL
    DPaperlogic社  EMaine大学  FInnventia
    GSPX Flow Technology社  HSappi社  Iその他
  3−3−2 日本の製品開発と事業化動向
   (1) 各社の事業化状況(企業一覧)
    @製造法  A生産能力  B稼働時期
    C工場  Dその他
   (2) 各社の製品・技術開発と商品化状況
    @ダイセルファインケム  A日本製紙  B第一工業製薬
    C中越パルプ工業  D星光PMC  Eスギノマシン
    F大王製紙  G王子ホールディングス  Hモリマシナリー
 3−4 セルロースナノファイバーの応用開発
  3−4−1 CNFの用途開発と実用化動向
    @消臭シート(紙おむつ)  Aインク用増粘剤
    Bスピーカー  Cその他
  3−4−2 CNF複合材料の開発状況
   (1) CNFの表面疎水化と複合樹脂の物性
    @変性CNF  A未変性CNF  Bその他
   (2) CNFの課題と改良技術
    @二軸混練法  AリグノCNF  Bその他
   (3) 自動車軽量化とCNFの需要予測
  3−4−3 CNFフィルム・シートの用途開発
   (1) ナノファイバー透明紙・フィルムの特性
    @線膨張係数  A強度・弾性率  B光透過率  Cその他
   (2) CNF透明紙・フィルムの応用開発
    @有機EL透明基板  A透明導電フィルム、他
  3−4−4 CNF不織布の用途開発
   (1) 電池資材への応用開発
    @セパレータ  A電極材料  Bその他
   (2) フィルターの開発動向
    @液体フィルター  AHEPA/ULPAフィルター
 3−5 セルロースナノファイバーの市場展望
    @現状価格  A低コスト化  Bその他
4. キチンナノファイバー
 4−1 キチンナノファイバーの作製法
  4−1−1 キチン含有甲殻の種類とナノファイバー化
  4−1−2 ナノファイバーの単離技術
   (1) キチンナノファイバーの製造法
    @エレクトロスピニング  ATEMPO酸化法、他
   (2) キチンナノファイバーの単離法
    @脱タンパク質  A脱灰  B脱色素  C酢酸添加
    D開繊処理  Eその他
 4−2 キチンナノファイバーの特性と応用開発
  4−2−1 キチンナノファイバーの特性と用途分野
    @生体適合性 A強度・弾性率 B低熱膨張 Cその他
  4−2−2 ナノファイバーの応用開発
   (1) 生体機能
    @化粧品(保湿、紫外線保護)  A医薬品  Bその他
   (2) 補強繊維
    @表面改質(アセチル化)  A透明フィルム  Bその他
 4−3 キチンナノファイバーの課題と市場展望
5. クモの糸繊維
 5−1 クモの糸の特性と開発
  5−1−1 クモの糸の種類と特性
    @牽引糸  A縦糸  B横糸  C繋留糸  Dその他
  5−1−2 各種材料とクモの糸の物性比較
    @強度・弾性率  Aタフネス  B伸度  Cその他
  5−1−3 クモの糸の合成と開発競争
   (1) クモの糸の応用と人工合成のメーカー
   (2) スパイダーシルクの開発と企業化状況
    @信州大学  Aクレイグ・バイオクラフト社
   (3) タンパク質培養・紡糸繊維の開発と企業化状況
    @ボルト・スレッズ社  Aアムシルク社
    Bネクシア・バイオテクノロジーズ社  Cその他
 5−2 クモの糸の人工合成技術
  5−2−1 人工合成の要素技術
    @遺伝子組換え(宿主)  A培養・精製
    B紡糸(溶媒)  Cその他
  5−2−2 スパイバーのクモの糸製造法
    @原料タンパク質  A紡糸液  B湿式紡糸
    C多段延伸  D繊維物性  Eその他
 5−3 クモの糸繊維の市場展望
  5−3−1 スパイバーの事業化と製品展開
  5−3−2 超高タフネス繊維の用途分野
第3部 バイオマスポリマーの最新動向
6. バイオプラスチックのマーケット動向
 6−1 バイオプラスチックの開発と背景
  6−1−1 生分解・バイオプラスチックの位置づけと変遷
  6−1−2 石油系プラスチックのバイオマス化
 6−2 バイオポリマーの種類とバイオマス度
 6−3 世界のバイオプラスチック市場
  6−3−1 バイオプラスチックの参入メーカー
  6−3−2 世界のバイオポリマー需要動向と予測
   (1) バイオポリマーの生産能力(生分解・非生分解)
   (2) バイオポリマーの需要動向と展望
    @PET  APE  Bポリ乳酸  Cその他
 6−4 国内のバイオプラスチック市場
  6−4−1 各種バイオポリマーの需要量と推移
    @PET  APE  BPLA  CPA11  DPA610
    EPC  FPHBH  GPBS  HPTT  Iその他
  6−4−2 ポリ乳酸の輸入・輸出推移
   (1) 国別の輸入量、輸入額、輸入単価(米国、中国)
   (2) 国別の輸出量、輸出額、輸出単価
  6−4−3 バイオポリマーの用途展開と需要展望
 6−5 各種バイオポリマーの開発とマーケット動向
  6−5−1 バイオPE
   (1) バイオPEの原料と製造フロー
   (2) バイオPEの量産体制と企業提携
    @ブラスケン社(豊田通商、双日)  Aその他
   (3) バイオPEの用途と需要量
    @バイオPE輸入量(HDPE、LDPE)  A用途展開、他
  6−5−2 バイオPET
   (1) PETの合成プロセスとバイオマス化
   (2) バイオPET、バイオモノマーの企業化動向
    @豊田通商/GTC社  A岩谷産業  B東レ
    Cインディア・グリコールズ社  Dジーヴォ社
    Eインドラマ社  F王子ホールディングス  Gその他
   (3) バイオPETボトルの製品化と新開発
   (4) バイオPETの用途と市場展望
  6−5−3 バイオPTT
   (1) バイオPDOの量産化と応用ポリマー
    @デュポン社  AMETEX社  Bその他
   (2) デュポン社のバイオPTT展開状況
  6−5−4 ポリ乳酸(PLA)
   (1) ポリ乳酸の合成プロセスと特性
   (2) 各社の生産能力と事業展開
    @ネイチャーワークス社  A海正生物材料  Bシンブラ社
    C帝人   D武蔵野化学研究所  E河南飄安集団
    Fピューラック社  Gその他
   (3) ポリ乳酸の需要量と市場展望
  6−5−5 バイオPBS
   (1) PBSのメーカーとバイオマス化
    @昭和電工  A三菱化学  BPTT MCCバイオケム社
   (2) バイオコハク酸、バイオ1,4−BDの企業化動向
    @リベルディア社  Aサクシニティ社
    Bジェノマティカ社  Cバイオアンバー社
    Dミリアント社  Eバイオアンバー・サーニア社
    Fマタービー・バイオテック社  Gその他
   (3) バイオPBSの需要展望
  6−5−6 バイオPP
   (1) バイオプロピレンの開発状況
   (2) バイオPPの企業化状況(ブラスケン社、他)
  6−5−7 バイオPU・TPU
   (1) ポリウレタンのモノマーとバイオマス化
   (2) バイオPU・TPUの参入企業
  6−5−8 バイオ熱硬化性樹脂
   (1) バイオモノマーと熱硬化性樹脂の種類
    @不飽和ポリエステル  Aフェノール  Bエポキシ
   (2) バイオ熱硬化性樹脂の参入企業
    @フドー  A群栄化学工業  B日本ユピカ
    Cジャパンコンポジット
    D昭和電工  E住友ベークライト  Fその他
  6−5−9 PHBHの企業化動向(カネカ)
7. バイオマス高機能樹脂のマーケット動向
 7−1 バイオエンプラの開発と市場展開
  7−1−1 バイオ系ポリアミド
   (1) ポリアミドの種類と物性(脂肪族系、半芳香族系)
   (2) 多様化するバイオPAのモノマーとポリマー
    @11−アミノウンデカン酸  Aセバシン酸  B1,5−PD
    Cデカメチレンジアミン  DPA11  EPA610  FPA410
    GPA1010  HPA1012  IPA56  JPA510  KPA4
    LPA10T   MPAMXD10
   (3) バイオPAの参入企業と製品展開
    @アルケマ社  Aエボニック・デグサ社  Bデュポン社
    CDSM社  DBASF社  Eソルベイ社  Fレノビア社
    GCathay社   H三菱ガス化学  I東洋紡   Jユニチカ
   (4) エンプラ系バイオPAの用途展開
    @耐熱性バイオPAの電子・電気部品
    APA610のラジエータタンク
  7−1−2 バイオ系ポリカーボネート(PC)
   (1) イソソルバイドによるPC合成
   (2) バイオPCの特性
    @透明性  A表面硬度  B耐衝撃性  Cその他
   (3) バイオPCの用途と実用化状況
    @自動車部品  Aスマートフォン  Bその他
   (4) バイオPCの量産化と事業展開
    @三菱化学(デュラビオ)  A帝人(PLANEXT)  Bその他
   (5) ロケット社のイソソルバイド事業
  7−1−3 バイオ系ポリイミド(PI)
   (1) シナモン系分子によるポリイミド合成
   (2) 各種バイオPIの特性と用途
 7−2 ガスバリア性バイオ樹脂の開発と競合
  7−2−1 ポリエチレンフラノエート(PEF)
   (1) ポリエステルのモノマーと各種ポリマー
    @PET  APTT  BPBT  CPEN  DPBN
    EPEF  FPTF  Gその他
   (2) PEFのモノマーとポリマー特性
    @ガスバリア性  A耐熱性  B加工性  Cその他
   (3) フランジカルボン酸の合成法(YXYプロセス、他)
   (4) PEF、FDCAの企業化と市場展望
    @アバンティウム社  ABASF社  B三井物産、他
  7−2−2 ポリグリコール酸(PGA)樹脂
   (1) PGA樹脂の合成と特性
    @ガスバリア性  A加水分解性  B強度  Cその他
   (2) クレハのPGA事業と用途展開
    @シェール掘削用材料  A飲料ボトル  Bその他

    
    サンプルページをご要望の方はこちらから
    購読申し込みの方はこちらから

バナースペース

株式会社大阪ケミカル・
   マーケティング・センター

〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

TEL 06-4305-6570(代表)
FAX 06-6774-6828