本文へスキップ

株式会社大阪ケミカル・マーケティング・センターはマーケットリサーチを専門とする1962年設立の実績ある会社です。

TEL. 06-4305-6570

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

 Vol.3 No.312 自動車内装材の新トレンドとマーケット

 2020年4月刊行 定価:94,000円+税 B5判 200ページ     
    サンプルページをご要望の方はこちらから
    購読申し込みの方はこちらから

<刊行のねらい> シート表皮材は塩ビレザーの独り勝ち

  1. いま、世界の自動車市場は不透明感が増している。米中貿易摩擦の長期化で需要が停滞しているなか、新型コロナウイルスの感染拡大による稼働率 低下が加わり、生産量の縮小が避けられない状況である。しかしながら、自動運転、カーシェアリング、コネクテッドカー、電気自動車など次世代 車(CASE)の開発は進められており、自動車メーカーはこれらの開発を強化しなければ将来的に生き残れなくなりつつある。
  2. 内装材の市場では、これまで合成皮革と塩ビレザーがシェアを伸ばしてきたが、コスト競争力のある塩ビレザーがシートメイン・サイドで拡大し、 合成皮革は横ばいに転じた。織編物は大きく後退しており、いまシート表皮材で増えているのは塩ビレザーのみである。このほか、旭化成がセージ社 を買収し、帝人フロンティアがジーグラー社を、日本バイリーンがハンス社を買収するなど、内装材メーカーの企業買収が相次いだ。セージ社は寿屋 フロンテと合弁会社を設立して、日本市場への進出を強化している。カーペットでは三菱ケミカルが自動車用PPfからの撤退を決意するなど、各社の動 きが活発である。
  3. 現在、内装材を取巻く環境は厳しさを増しているが、それに対応するかのように新しい動きが次から次と起きている。本レポートはそれらの新動向と、 各種内装材のマーケット動向、製品開発を精査し、最新動向として編纂したものである。

<目  次>                        見本ページ

第T部 世界の自動車市場と内装材の新動向
1. 世界の自動車生産・販売動向
 1−1 自動車の生産・需要状況
  1−1−1 わが国の自動車生産・販売動向
   (1) 自動車の生産推移(車種別、メーカー別)
   (2) 自動車の販売動向(車種別、RV車)
  1−1−2 世界の自動車生産・需要動向
   (1) 各国の自動車生産量と推移
   (2) 各国の販売台数と需要動向
   (3) 自動車メーカーの販売量と競合
 1−2 EV・PHEVの最新マーケット動向
  1−2−1 国内の各種EV生産・販売量
   (1) ハイブリッド車の生産・販売台数
   (2) EV・PHEVの国内販売量
  1−2−2 拡大する世界のEV・PHEV
   (1) 各国のEV・PHEV販売量と推移
   (2) EV・PHEVの車種別販売量
   (3) 自動車各社のEV・PHEV販売量
    @Tesla社  ABYD社  BBAIC社
    CSAIC社  DBMW社  EVW社
    F日産  Gトヨタ、他
 1−3 各国の環境規制とEV・PHEV普及政策
  1−3−1 各国の燃費規制・排出ガス規制
  1−3−2 EV・PHEVの普及促進政策
    @ZEV規制(カリフォルニア州)
    ANEV規制(中国)
  1−3−3 内燃機関車の販売停止とEV化政策
2. 自動車内装材の市場とレザー調表皮材の拡大状況
 2−1 レザー調表皮材の成長と製品展開
  2−1−1 シート表皮材の市場動向とレザー調製品
   (1) レザー調製品の需要量とシェア推移
    @合成皮革  A塩ビレザー  Bその他
   (2) レザー調表皮材の成長要素
  2−1−2 レザー調表皮材の種類と競合
   (1) レザー調表皮材の樹脂と特性
    @PU  APVC  BTPO  Cその他
   (2) パウダースラッシュ成形による表皮材
 2−2 自動車用合成皮革
  2−2−1 合成皮革の開発要素
    @構造と製造工程  A皮革特性  Bその他
  2−2−2 合成皮革の需要量とメーカー動向
   (1) 自動車用合成皮革の需要量と推移
   (2) 合成皮革メーカーの展開状況
    @セーレン  A共和レザー  Bアキレス、他
 2−3 自動車用塩ビレザー・シート
  2−3−1 塩ビレザーの現状と用途別生産量
   (1) 塩ビレザー・シートの現状
   (2) 塩ビレザーの用途別生産量
  2−3−2 自動車用塩ビレザー・シートの生産量と推移
  2−3−3 塩ビレザー・シートの部位別需要量と動向
    @インパネ  Aドアトリム  Bシート
  2−3−4 自動車用塩ビレザー・シートのメーカー動向
   (1) 各社の自動車用販売量
   (2) 塩ビレザー・シートのメーカー別動向
    @共和レザー  Aオカモト
    B龍田化学  Cアキレス、他
 2−4 自動車用人工皮革
  2−4−1 自動車用人工皮革の需要量と展開状況
  2−4−2 人工皮革メーカーの増設と展開状況
    @東レ  A旭化成  Bその他
3. 自動車内装材のグローバル戦略
 3−1 日系自動車メーカーの海外生産拡大
  3−1−1 自動車の国内生産と海外生産
  3−1−2 日系自動車メーカーの地域別海外生産量
  3−1−3 自動車産業の海外依存度とグローバル化
 3−2 内装材メーカーの新グローバル戦略
  3−2−1 内装材メーカーの企業買収とその要因
  3−2−2 内装材各社の買収企業
   (1) 旭化成(セージ社、米国)
   (2) 帝人フロンティア(ジーグラー社、ドイツ)
   (3) 日本バイリーン(ハンス社、ドイツ)
 3−3 自動車内装材の海外供給体制
  3−3−1 内装材メーカーの海外進出マップ
    @セーレン  A住江織物・スミノエテイジンテクノ
    BTBカワシマ  Cトヨタ紡織  D林テレンプ
    E共和レザー  Fアキレス  G長谷虎紡績
    Hオカモト  I寿屋フロンテ  Jトーア紡マテリアル
    Kオーツカ  L日本バイリーン  Mサンケミカル
    N永大化工  Oダイニック  Pその他
  3−3−2 各国の日系内装材メーカーと進出状況
4. 自動車内装材のニーズと製品開発
 4−1 内装材開発のニーズと要素
  4−1−1 物理的ニーズと感性的ニーズ
  4−1−2 自動車内装材の要求スペック
 4−2 繊維内装材の開発、生産、納入体制
  4−2−1 新車の立上りと打切り
  4−2−2 納入体制とコスト対策
 4−3 内装部品の開発動向
  4−3−1 シートの工法とファブリック
  4−3−2 シートファブリックの変遷と展望
  4−3−3 各種ファブリックの特徴と開発
  4−3−4 トリム部品
 4−4 次世代自動車の開発と内装材
  4−4−1 CASEと車室内の新ニーズ
  4−4−2 次世代自動車の内装材と新機能
   (1) 自動運転による室内の変化
   (2) カーシェアリングと内装材の機能
   (3) 電気自動車の内装材ニーズ
   (4) コネクテッドカーの高機能内装材
  4−4−3 次世代車の内装材と新製品開発
    @光透過性表皮材
    Aタッチセンサーファブリック
第U部 自動車内装材の生産・需要・メーカー動向、流通マップ
5. シートファブリック
 5−1 内装表皮材の最新動向
  5−1−1 内装表皮材の種類と適用部位
  5−1−2 内装表皮材の価格と位置づけ
   (1) 各種表皮材のランク付け
   (2) シート表皮材の価格と傾向
    @天然皮革  A人工皮革  B合成皮革
    C塩ビレザー  D織物  E丸編
    Fトリコット(シート用、天井用)
    Gダブルラッセル  Hモケット、他
   (3) シートの部位と表皮材
  5−1−3 内装用ファブリックの目付と特徴
   (1) 各種織編物の特性(デザイン性、物性、生産性)
   (2) 各種ファブリックの目付と傾向
 5−2 内装表皮材の需要動向
  5−2−1 内装表皮材の品種別需要状況
   (1) 各種表皮材の需要量と推移
    @織物  Aトリコット  B丸編  C不織布
    Dオレフィン系  E塩ビ系  F天然皮革
    G人工皮革  H合成皮革  Iその他
   (2) 内装用織編物の品種別シェアと需要動向
  5−2−2 内装用ファブリックの海外生産と輸出入量
  5−2−3 自動車各社の品種別織編物消費量と採用状況
    @トヨタ  A日産  B本田
    Cマツダ  Dスズキ  E三菱自工
    Fスバル  Gダイハツ Hいすゞ、他
  5−2−4 内装用ファブリックの繊維消費量と市場状況
   (1) 各種繊維の消費量(PETf、他)
   (2) 原着糸の需要動向
   (3) 難燃加工、難燃繊維の需要動向
 5−3 内装表皮材の部位別需要動向
  5−3−1 シート表皮材
   (1) シート表皮材の品種別需要量と推移
   (2) シートの部位と表皮材の品種、需要量
    @メイン  Aサイド  Bカマチ  C背裏
   (3) シート表皮材の品種別需要動向
  5−3−2 天井表皮材
   (1) 天井表皮材の品種別需要量と動向
   (2) 天井用トリコットのメーカー別販売量と納入先
    @スミノエテイジンテクノ  Aセーレン
    BTBカワシマ
   (3) 天井用不織布のメーカー別販売量と納入先
    @日本バイリーン  Aオーツカ
    B住江織物  Cダイニック
    D呉羽テック  E金井重要工業
  5−3−3 ドアトリム
    @塩ビシート  ATPOシート
    B織編物  C不織布
 5−4 繊維メーカーの生産、販売、流通動向
  5−4−1 内装用PET繊維のメーカー別販売量
    @東レ  A帝人フロンティア
    BKBセーレン  C輸入糸
  5−4−2 繊維各社の供給先
 5−5 ファブリックメーカーの生産、販売、流通状況
  5−5−1 ファブリック各社の品種別販売量とシェア
  5−5−2 ファブリック各社の品種別生産委託先と流通ルート
    @ファブリックメーカー  A製織メーカー
    B製編メーカー  C染色・仕上げ加工メーカー
  5−5−3 内装用ファブリックのメーカー別動向
 売上高、品種別販売量、流通ルート、海外 
 生産体制、生産拠点、製品開発、他
    @セーレン  Aスミノエテイジンテクノ
    BTBカワシマ  C寿屋フロンテ  D林テレンプ
 5−6 内装用ファブリックの流通実態
  5−6−1 内装用ファブリックの流通形態
  5−6−2 内装部品メーカーと自動車メーカー
  5−6−3 内装用ファブリックの流通マップ
  5−6−4 商社の流通ルート(林テレンプ、森傳)
6. 自動車用カーペット
 6−1 自動車用カーペットの種類と素材
  6−1−1 自動車用カーペットの種類と使用状況
  6−1−2 各種カーペットの目付、価格とランク付け
  6−1−3 自動車用カーペットの原糸・原綿
  6−1−4 自動車用カーペットの開発動向
 6−2 自動車用カーペットの生産・需要動向
  6−2−1 カーペットの品種別需要量と推移
  6−2−2 カーペットの部位別需要状況
   (1) 部位別需要量と傾向
   (2) ライン用カーペットの需要量
   (3) トランク・ラゲッジ用カーペットの需要動向
  6−2−3 カーペットの品種別・部位別生産量
  6−2−4 自動車用カーペットの輸入状況
   (1) ライン用タフテッド
   (2) オプションマット(繊維別、国別)
  6−2−5 自動車各社のカーペット使用量と採用状況
 6−3 自動車用タフテッドカーペット
  6−3−1 自動車用タフテッドの生産・輸入量
  6−3−2 ライン用タフテッドのメーカー別生産量とシェア
  6−3−3 自動車用タフテッドの繊維消費量
    @BCFナイロン  APPf  BPETf  Cその他
  6−3−4 タフテッドの繊維別状況とメーカー動向
   (1) 自動車用BCFナイロン
    @ライン用、マット用の需要量(国産糸、輸入糸)
    Aメーカー別の販売量(ライン用、マット用)
    B繊維各社の供給先(東レ、インビスタ、暁星)
   (2) 自動車用PPフィラメント
    @PPfメーカーの生産能力と動向
     1)三菱ケミカル  2)シンコーケミカル
     3)庄福工業  4)日本絨氈  5)藤井撚糸
    APPfメーカーの自動車用販売量
   (3) PETフィラメント(住江織物)
  6−3−5 繊維メーカーの供給先
  6−3−6 自動車用タフテッドのメーカー別動向
 販売動向、原糸採用状況、流通ルート、
 製品開発、海外生産体制、その他
    @住江織物  A長谷虎紡績
    Bトーア紡マテリアル  C山本産業
  6−3−7 自動車用タフテッドの流通動向
   (1) 自動車用カーペットの流通形態
   (2) ライン用タフテッドの流通マップ
 6−4 自動車用ニードルパンチカーペット
  6−4−1 ニードルパンチカーペットの生産・需要動向
  6−4−2 ニードルパンチ不織布の部位別目付と動向
  6−4−3 再生PETsのメーカーと供給先
  6−4−4 カーペットメーカーの販売量
  6−4−5 カーペットのメーカー別動向
 生産・販売動向、繊維採用状況、流通ルート、その他 
    @オーツカ  Aサンケミカル  B住江織物
    Cトーア紡マテリアル  D呉羽テック  Eフジコー
    Fダイニック  G日本バイリーン  Hその他
  6−4−6 ニードルパンチカーペットの流通マップ
7. カーオプションマット
 7−1 オプションマットの現状
  7−1−1 自動車用品とオプションマットの分類
    @ライン装着マット  Aディーラーマット
    B市販マット
  7−1−2 オプションマットの需要動向
 7−2 オプションマットの生産・需要量(国産、輸入)
 7−3 オプションマットの繊維動向
  7−3−1 オプションマットの繊維消費量(BCF−N 、PPf)
  7−3−2 繊維メーカーの販売量
  7−3−3 繊維メーカーの供給先
 7−4 オプションマットのアセンブラ
  7−4−1 オプションマットの流通と海外生産化
   (1) アセンブラの海外進出状況
   (2) オプションマットの海外生産形態
  7−4−2 アセンブラ各社の展開状況

    
    サンプルページをご要望の方はこちらから
    購読申し込みの方はこちらから

バナースペース

株式会社大阪ケミカル・
   マーケティング・センター

〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

TEL 06-4305-6570(代表)
FAX 06-6774-6828