本文へスキップ

株式会社大阪ケミカル・マーケティング・センターはマーケットリサーチを専門とする1962年設立の実績ある会社です。

TEL. 06-4305-6570

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

フラッシュレポートFlash Reports

 Vol.3 No.316 抗ウイルス・抗菌製品の新しい動向   この書籍に移動 >>>

 

≪急速に拡大した鉄道車輌、バスの抗ウイルスコーティング≫


【拡大する車輌の抗ウイルスコーティング】
  抗ウイルス加工や抗菌加工が施された化粧板、壁紙などの内装材は、食品工場、医療福祉施設、学校教育施設 などの建築物に採用されているが、加工製品の需要は建物の新設や改修にとどまり、製品の需要規模が限られ ている。これに対して既存施設の感染対策では現場施工によるコーティングが簡便であることから、現場施工 のニーズが強くなっている。建築物内装の抗ウイルス・抗菌コーティングは病院、介護施設、ホテル、食品工場 などで以前から行われていたが、新型コロナウイルスの感染拡大で現場施工の要望が増えたのは鉄道車輛、バス などの交通機関である。鉄道車輛やバスは乗客が密集しやすく、乗客の入れ替わりも多いため感染しやすい環境 にあるといえる。車輛が感染の場になると運航に大きな支障が出るため、旅客運輸会社にとって車輛での感染は 避けなければならない。このため新型コロナウイルの感染拡大を受けて、多くの運輸会社が車内の抗ウイルス・ 抗菌コーティングを実施した。それらの実施状況を表1に示す。  鉄道車輛や路線バス、観光バスなどでは車内の消毒作業が行われているが、消毒による効果は一時的なもので あり、長期間にわたっての持続性がない。表1に示した抗ウイルス・抗菌加工は耐久性のあるコーティング加工で あり、中には比較的短い加工もあるが、抗ウイルス・抗菌の持続は概ね3〜5年である。表にも示されているよう に、現在は多くの運輸会社が抗ウイルス・抗菌加工を実施しているが、その殆どが2020年に実施されている。


バナースペース

株式会社大阪ケミカル・
   マーケティング・センター

〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

TEL 06-4305-6570(代表)
FAX 06-6774-6828